鬼怒川本流の雄ヤマメの謎

鬼怒川で本格的?に釣りをする様になって今年でちょうど10年目になりました

サクラ鱒で良いのか 俗に言うモドリなのか 単なるヤマメなのか・・・?

その生態には不思議が多く 謎多き魚ですよね

で、何かの雑誌で利根川のヤマメ(40クラスだったかな?)数匹を調べた結果

間違いなく海で暮らした痕跡が見つかったという記事がありました

これを読んで、我が鬼怒川で釣れる40センチ前後の魚でも海から来た奴が居るんだな

と、思える様になりました

確かに、「あきらかに遡上魚の群れが入って来たな~」と思えた時は何度もありました

ですが、解禁当初25センチ位がアベレージだったものが

4月で30センチ 5月で35センチ位になってしまう 育ちの良い居付きヤマメも居る訳ですから

ごちゃまぜで分かんないですな~・・・

んで、本題です

北から南に下れば下るほど サクラマスの雄の確率は減り

関東付近では殆どがメスになるらしいですよね

しかし、先程も書いたように「居付きのヤマメ」も相当数居る筈な訳です

なのに、雄の尺上ヤマメをこれまで2匹しか釣ってないんですよね

下らない雄のヤマメが沢山いても良い筈ですよね~~

メスが怖くて餌(フライ)食えないんでしょ~か~・・・?


f0212059_2241746.jpg

f0212059_2113836.jpg

ちなみに↑2つは厳つい感じですが メスなんですよね・・・

f0212059_21523976.jpg

こっち↑が雄です下顎の違い分かるでしょうか・・・ 

雄 釣りたいけどなぁ~~

にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村



[PR]

by kawanohuukei | 2016-04-02 21:24 | 鬼怒川本流 | Comments(0)
line

気ままにフライフィッシング


by kawanohuukei
line