いよいよ解禁ですが

愚だまくぜよ~

皆さんもご存知だと思いますが

栃木と群馬県の違いってなんでしょう・・・

渓流魚を「食品」と捉えている我が栃木は「延期」
「遊魚」と捉えている群馬県は「必ずリリースして下さいで普通解禁」

「食品」と「遊魚」の違いって事なのでしょうかね!?

考えてみれば、荒川のCRが「優先」となっている事を考えれば
やっぱり鬼怒川漁協さんも食品志向から抜け出せない・・(今更言うまでもない事ではありますが)

食べる放すは個人の自由でありますが
こんな時位は頭を柔らかくしてほしいものです

仮に渓流に行く事自体が体に良くない という見解なのであれば
栃木の渓流のヤマメ域には民家も沢山ある所だらけでしょ・・・ (平気なの?)

というか、こんな事言っては何ですが
自分ら既に、そーとー体内に取り込んでしまっている気がしてます
普通に生活しているだけで普通に体内に入ってしまっているでしょう・・・

若い人達は本当に気の毒です

正直言って諦めてるみたいな所はありますよ~
食べ物 空気 全てが綺麗な筈が無いわけですから どうにもなりませんよね~

だったら「好きな事」やりたいじゃないですか~!?っての

観光地だって釣り人の影響は結構あるはずですよね・・・

漁協は賠償金請求すれば済むなんて思ってらしゃるのでしょうか??(言いたくないけど)


栃木県って食いじはってるんでしょかね~~

やっぱり総理大臣多数輩出しておられる群馬様と
「ゼロ」の栃木を比べるのはおこがましいってものですかね~

はぁ~~っ 釣り出来る所 ちょろっとですな~

って事で、愚だ巻かせて頂きましたです~~
(サッカー日本代表の不甲斐なさにもおってがかかっての愚痴ですた)
やっぱ海外組み主体の 帰国して直ぐな試合は難しいって事なんかもね・・・。


追記
どうやら漁協さんの上の「県」もそうとうな食品志向のようです・・・
こりゃ駄目そっ



                        
[PR]

by kawanohuukei | 2012-02-29 22:40 | 渓流
line

気ままにフライフィッシング


by kawanohuukei
line